2018年05月02日

紙のサイズなぜAB判の2つ

書類のサイズは、ものによってA判・B判が使い分けらABsizepeper.jpg
れていますが、日本ではなぜわざわざ二本立てにしたの
でしょうか。???

A判は、「A5」というサイズが、日本で雑誌の主流
した雑誌の「菊判」に近い、ドイツの規格を採用したも
のです。

B判は、日本では書籍の「四六判」が主流を占めており、
A判では四六判に対応できません。
四六判に近いサイズが効率よく作れる規格を探すうちに、
A判の縦横比を維持したまま、面積を1.5倍にした
「B判」と決めました。B判は日本独自のものです。

A/B「二本立てはややこしい」と感じる方も少なく
ないようですが、二本立てのおかげでより使い道に合った
サイズの書籍や用紙が作られているともいえます。       

ロフトネットストア
posted by ぴんちゃん at 13:14| 東京 ☁| Comment(0) | シニア・老後・高齢者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする