2018年05月04日

受刑者が逃亡し逮捕の反省点

今治市の松山刑務所から、受刑者の男が脱走した事件では、R_Hiraoka.jpg
先日広島市内の路上で、逃走の疑いで逮捕されました。

逮捕されたのは平尾龍磨受刑者で、脱走した4月8日から
20日間以上窃盗を繰り返して、逃走を続けました。

平尾容疑者は、「島から本州に泳いで渡った後、バイクを
盗んで駅に移動した」と供述していて、ここでも何回かの
窃盗を繰り返していました。

向島を退かれたのも知らず、島内を探し回っていた失態を
含めて上川法務大臣は、容疑者の捜索や検問には3週間も
わたって続いた尾道市の向島を訪れて、住民の代表や学校
関係者に謝罪しました。

そもそもの間違いは、120回以上も窃盗の前科があるこ
の受刑者を模範囚として、塀のない刑務所に入れていたこ
とではないでしょうか。    

シマンテックストア
posted by ぴんちゃん at 12:58| 東京 ☀| Comment(0) | シニア・老後・高齢者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする