2019年11月04日

相次いで同級生の訃報が届く

 この時期、喪中はがきで訃報を知るのはあたりまえのkoureisya03.jpg
ことですが、最初は千葉県に住む、小中高校の同級生が
亡くなったことを知りました

彼の場合、死因は台風や大雨の影響ではなく、若いころ
からの喫煙による、肺がんだったそうです。

そのお悔やみの電話を地元の同級生に電話したところ、
次には中学時代の同級生が亡くなったも知りました

今後も、喪中はがきが届くでしょうが、相次ぐ同級生の
訃報は聞きたくないものです。
後期高齢者になる私たち世代の宿命でしょうか

FamilyDot(ファミリードット)


posted by ぴんちゃん at 18:01| 東京 ☁| Comment(0) | 定年退職・シニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする