2019年12月21日

涙ながらに東関親方の葬儀

先日、血管肉腫により41歳の若さで死去した大相撲の
東関親方の葬儀告別式が19日、葛飾区柴又の東関部屋hakkaku02.jpg
で高砂一門葬として営まれました。 

親方衆や小結・朝乃山(高砂)ら約500人が参列し、
葬儀委員長を務めた日本相撲協会の八角理事長は遺影を
前に「残念で、残念でなりません。誠実な人柄は弟子に
慕われ、先輩親方からは大変かわいがられた。私もその
人柄にほれ、ひと回りも若いあなたにいろいろと相談し
てきました。本当に素晴らしい人でした」と涙ながらに
弔辞を読み上げました。 

東関部屋といえば、昨年1月に現在地の葛飾区に部屋を
開設したばかりで、新築移転の理由は葛飾区の観光戦略
にありました。 現在は師匠不在となっています。

婦人画報のおせち2020


ラベル:婦人画報
posted by ぴんちゃん at 12:07| 東京 ☁| Comment(0) | 五輪・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする