2015年09月15日

軽減税率2%案が困難な情勢に

財務省が提案した飲食料品の2%分を払い戻す方式
の「還付制度」は与党合意が困難な情勢になってき
ました。

自民、公明両党議員からの批判が噴出していること
に加え、世論の支持も得られていないためです。

公明党が公約に掲げてきた軽減税率とは一線を画し
た内容であるうえ、まだ始まってもいないマイナン
バーカードの活用を前提とすることへの反発も多い。

買い物の度に、マイナンバーカードを持ち歩きたくない
ことや、子供にお使いが頼めないなどがあるが、ある
大臣は、「その場合は還付されないだけだ」と
うそぶいておられます。💥

セシール - 390円均一ショップ petit*cecile
posted by ぴんちゃん at 14:07| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | シニア・老後・高齢者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
AEONの場合支払いに使うカードとポイントカードが一体化されていますが、私の町のスーパーの場合、『ポイントカードをお持ちですか』で、カードを出して、ポイントカードのスキャンに加えて、更に『マイナンバーカードをお持ちですか』でマイナンバーカードを処理する。このようにしていたらレジで時間がかかるような気がする。
Posted by のぶりん at 2015年09月15日 14:51
今のポイントカードに加えて、マイナンバーカードも読ませるとレジの処理時間もかかり、行列ができるかもね。
還付にはインターネットで行うが、高齢者にできるかも心配です。
結局、この方式が使われない可能性も大です。
Posted by ぴんちゃん at 2015年09月15日 15:37
還付については、預金口座を登録しておけば自動的に還付するように考えているようですが、その管理たるや相当な事務が予想されます。事務は、新しくつくる管理センターで事務を考えてるようですが、莫大な管理費用が掛かると思われます。
Posted by のぶりん at 2015年09月16日 14:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック