2018年04月22日

安倍内閣の屋台骨がゆるむ

福田事務次官のセクハラ疑惑をめぐる財務省の対応がJ_Fukuda.jpg
批判を浴びています。  
週刊新潮がセクハラを報じた当初は調査や処分を見送り
インターネットで音声が公開されると、被害女性に名乗
り出て調査に協力するよう求めました。

福田氏は一貫してセクハラを認めず、麻生太郎財務相も
それを追認する発言を繰り返しています。
世間の常識から懸け離れた対応は、財務省の崩壊寸前
追い込んだようだ。  

安倍内閣の支持率低下に危機感が募る中、18日午前の
自民党と公明党の幹事長の会談では事実上の更迭要求が
出されました。  💢

それでも福田氏は、「セクハラではない」と非を認めな
い姿勢を続けています。次官辞任で次の焦点は財務相の
進退に移っていて、麻生財務相が自分で辞任しないのな
らば、安倍総理が辞めさせるべきでしょう。
さもなければ、安倍内閣は秋まで持たないでしょう。   

チューリッヒ保険
posted by ぴんちゃん at 12:56| 東京 ☀| Comment(0) | シニア・老後・高齢者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。