2018年05月08日

コンビニ業界ローソン一人負け

大手コンビニチェーンの決算について、セブンイレブン
ファミリーマートローソンの3大チェーンによる、LOWSON02.jpg
三つ巴の争いは過去の話で、現状ではセブンイレブン
店舗数・売上高ともに一人勝ち状態です。

2番手争いもファミリーマートが制しそうな状況で、
ローソンはかなり厳しい立場です。
前期決算が営業赤字となったファミリーマートですが、
このように収益性改善へのアクションを積極的に行って
いることを、市場は評価したのです。

逆にローソンは、これまでと同じ経営を続けており、
将来に向けたビジョンが見えにくいと見られたのです。

私のコンビニ利用率が、
セブンイレブン :65%
ファミリーマート:25%
ローソン    :10%
でも業界の勢力を表しています。

ひかりTVショッピング
posted by ぴんちゃん at 13:03| 東京 🌁| Comment(0) | シニア・老後・高齢者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。