2019年09月21日

やはり犯人はまま父だった

埼玉県さいたま市見沼区の教員住宅で、この住宅に住むzennba002.jpg
小学4年生、進藤遼佑くんの遺体が見つかった事件で、
埼玉県警は9月19日、死体遺棄の容疑で、同居する父親
で無職、進藤悠介容疑者を逮捕しました。

またしても、ここでも犯人は「まま父」でした。
自分の子供ではないので、愛情が足りないのでしょう

学校で父親が集まる「パパ会」など親の参加する学校の
イベントでも、見かけることがないなど、地域の交流に
もほとんど参加しておらず、父兄の間でも、何をやって
いる人なのかと話していました
(週刊文春より)

FamilyDot(ファミリードット)


posted by ぴんちゃん at 12:04| 東京 ☁| Comment(2) | 防災・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
継父が「遼佑は英会話塾に行っているよ」と母親に言ったと言うことを聞き、犯人は継父だなと思いました。
Posted by のぶりん at 2019年09月21日 19:08
この前は、虐待死させたのは内縁の父親でした。
Posted by ぴんちゃん at 2019年09月21日 20:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。