2020年03月10日

Win10標準搭載のIME活用術

Windows10に標準で搭載されている日本語入力ソフトのnyuryoku02.jpg
「Microsoft IME」には、便利な機能が沢山あります。
それらの機能のいくつかを紹介します。

<入力言語をさらに早く切り替える>
 入力言語の切り替え方法としてよく知られているのが
キーボードの「半角/全角」キーですが、「CapsLock
キーでも入力言語は切り替わります。

<画面中央に大きく入力モードを表示にする>
日本語入力をオンにすると画面中央に大きく入力モードnyuryoku03.jpg
が表示されるますが、この表示が不要なら、タスクバー
に常駐するMicrosoft IMEのアイコンを右クリックし、
メニューから「プロパティ」で表示されなくなります
(以下、追記参照)

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)


<ファンクションキーで入力文字種を一発指定>
ひらがなやカタカナ、英数字を入力するときは、変換時
に「変換」キーを押す代わりに、ファンクションキーを
活用すると、より効率良く文字を入力できます。

<誤変換を修正する簡単な方法>
文字入力の際、文字を「Enter」キーで確定してから誤
変換に気づいたときは、文字を削除して再入力する前に
「変換」キーを押そう。直前に入力した文字が選択状態
に戻り、ふたたび変換候補から正しい文字を選べます。
<半角スペースを入力したいとき>
「Shift」キーを押しながら「スペース」キーを押すと、
半角スペースが挿入されます。

posted by ぴんちゃん at 12:00| 東京 ☀| Comment(0) | インターネット・PC・タブレット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。