2020年06月23日

9月解散総選挙なら自党惨敗

緊急事態宣言が全面解除された後の6月1日と10日の2回、
麻生太郎・副総理兼財務相は官邸で安倍晋三首相と一対Abetaijin02.jpg
一での会談を持たれました
 そこでは、麻生氏は、夏の内閣改造で二階幹事長と菅
官房長官を更迭し、新体制のもとで9月に一か八かの
解散・総選挙を打つ決断を安倍首相に促したと見られて
います。

総選挙なら国民は望むところだろう自粛と休業、届か
ない各種給付金で生活不安を募らせ、やり場のない不満
を抱えてきたことにも、黒川弘務・元高検検事長の賭け
麻雀問題や、巨額のコロナ対策費の不透明な発注など
の間の政治のあり方に「1票の力」で審判を下すことが
できる

セシール


ラベル:セシール
posted by ぴんちゃん at 11:35| 東京 ☁| Comment(0) | 政治・外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。