2020年07月14日

脊柱管狭窄症とは

脊柱管狭窄症とは、脊髄が納まっている「脊柱管」の
一部が通常よりも狭くなり、神経または神経と共に走行sekityukan03.jpg
する血管が圧迫されることから生じる病気です

加齢に伴う変化として発症することが多く、長く歩くと
足が疲れ休み休みでないと歩けない、足がしびれるなど
といった症状が現れます。

私の場合、脊柱管狭窄症により「排尿障害」を起こす
とがあることを知り、「脊柱管狭窄症を自分で治す!
という本を見つけ、この病気の勉強しています。
気休めだと思います。  

 

posted by ぴんちゃん at 11:06| 東京 ☔| Comment(0) | シニア・老後・高齢者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。